BemVindo!ブラジル街で見つかるブラジルおすすめスポット!
クチコミ情報を投稿しよう!
ログイン

携帯からアクセス


携帯からアクセス!

ショップ・コメント

クチコミ情報・コメント

新日本風土記 「ブラジルタウン大泉町」

投稿日:16年07月22日 



ブラジルタウンで知られる群馬県大泉町がNHK BSプレミアム「新日本風土記」で紹介されます。大泉町で生きる様々なブラジル人の物語を取り上げます。群馬県大泉町に興味のある方は必見です。

放送日:
7月22日(金)午後9:00
7月29日(金)午前8:00

<番組情報>
人口4万人のうち4千人以上がブラジル国籍という群馬県大泉町。日本でいちばん、ブラジル人の比率が高い町だ。家電や自動車部品などの工場がひしめく企業城下町。バブル経済期に深刻な人手不足を補うため、日系ブラジル人の労働者を積極的に受け入れたことが発端だった。
 町に入ると、ポルトガル語の看板があふれ、異国情緒あふれるスーパーには日本では珍しい野菜や豆、肉などブラジル食材が並ぶ。毎月、サンバのイベントが開かれ、町民たちはラテンのリズムに酔いしれる。
 様々なあつれきを乗り越えて、日本人とブラジル人が共に手を取り生きる町。なぜ大泉町は、日本一のブラジルタウンとなることができたのか。日本とブラジル、2万キロを超えた絆の物語を、リオデジェネイロオリンピックを前に見つめていく。

<オムニバス項目(抜粋)>
●ブラジルへGO!…地球の裏側ブラジルを日帰りで体験する、大泉町のバスツアー
●ニッポンのお母さん…故郷を離れ、出稼ぎにきた日系人たちを温かく迎えるアパートの大家さん
●戦争が変えた町…伝統的な農村地帯だった町が、戦争によって劇的に風土を変えられる
●故郷の味…老夫婦が育てたブラジル野菜が、人々の心をいやす
●教会の友情…町の教会を舞台に、ブラジル人の牧師と日本人の警察官が育んだ友情物語




Copyright (C) 2012 Bem Vindo! ブラジル街 All Rights Reserved.